ブログ

ホーム > ブログ

経営改善ブログ

[2019.2.8]

カテゴリー:M&A, セミナー, 事業承継


1月26日(土)、27日(日)の二日間にかけて行いました『第2回事業承継・M&Aアドバイザー養成講座』が、無事に終了いたしました。
 昨年9月に行いました第1回目に続き、今回も募集開始とともにすぐに定員に達しました。また、秋ごろの開催を予定しておりますので、是非、お申込みいただければと思います。

 この講座では、事業承継とM&Aという両分野のアドバイザーとしての役割や業務を体系的に学べる講座で、昨今注目されているM&Aのアドバイザリーとしての立場、又、各分野の専門家によるデューデリジェンスの概要・ポイントなどを学ぶことができます。
 私たちが多くのことなど・伝えしたい、実務にすぐに役に立つ内容にしたいとの思いから、2日間にお伝えしたいことを「ぎゅ~っ」と凝縮しましたため、過密スケジュールならざるを得なかったこと、お詫び申し上げます。

また、現在、上級資格である『事業承継・M&Aコンサルタント』養成講座の受講受付を行っております。こちらは、事業承継はもちろんのこと、M&Aの案件化からクロージングまで、ケーススタディを中心とした実務型のワークショップを行うことにより、M&Aを疑似体験できる内容となっています。また、他の専門家の方々とのグループワークにより、各専門分野の高度な知識を習得することができます。
ご興味のある方は https://f-bsma.jp/certification/
(※ 受講資格がありますので、ご注意ください。)

安倍晋三首相も言われている通り、中小企業・小規模事業者の事業承継は待ったなしの状態です。企業を将来にわたって永続・成長させるために、ここで学んでいただいたことを、実務に生かしていただき、多くの中小企業の未来が明るいものになりますことを祈念しております。

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。












 










明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成最後の新しい年を迎えまして、今回は、本年の所信表明という形でのブログにしたいと思います。

昨年は、私が代表をしております「福岡事業承継・M&Aセンター」の主催で、「事業承継・M&Aアドバイザー」養成講座の第1回目を開講いたしました。
予想を上回る人気となり、募集開始から2日で定員となりましたため、急遽、定員を増やし、開講しました。多くの弁護士、公認会計士、中小企業診断士などの士業の方に受講いただき、大変好評に終わることができました。

今年は、1月26日・27日に第2回目の「事業承継・M&Aアドバイザー」養成講座を開講いたします。こちらもすぐに定員に達し、事業承継やM&Aに関する支援の需要が高まっていると肌に感じております。

また、5月には上級資格である「事業承継・M&Aコンサルタント」養成講座を開講いたします。九州では、まだ支援する方々が不足しており、大事業承継時代を乗り越えるための支援者を育成していく所存です。

「福岡事業承継・M&Aセンター」では、このような事業承継やM&Aの支援者を育成する事業と、事業承継やM&Aを支援する事業の2本柱で活動を行っております。 中小企業診断士をはじめ、弁護士、公認会計士等、現在14名の士たちが名を連ねており、事業承継やM&Aに対するワンストップのバックアップ体制を整えています。
私どもがご支援をさせていただくM&Aは、売手、買手、働く従業員にもメリットを享受するものと自負しております。

当事務所の経営理念は『ONE FOR ALL   ALL FOR ONE』です。
『一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために』ということで、本年も、中小企業の経営者や従業員の方々と一緒に考え、行動し、汗をかく中小企業の経営コンサルタントとして経営革新や総合支援を通じ、共存共栄できる良きパートナーを目指していく所存です。

私、今年は「八方塞がり」の年ということでしたが、亥年ということで、八方塞がりも猪突猛進で打破していきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。

























[2018.12.14]

カテゴリー:中小企業診断士, 日々の出来事

平成最後の12月となりました。今年も残りわずかですが、平成もカウントダウンに入ってきたようです。
本年最後のブログになります。

私自身、福岡県中小企業診断士協会の副会長を行っているということもあり、福岡県中小企業診断士協会の一年を振り返ってみたいと思います。

今年は、福岡県協会の役員改選の年でした。福岡県では初、全国での3例目となる女性会長が誕生し、梅山会長による新体制の下、一段と賑やか・・・、いや華やかな体制となっています。
私事ですが、新体制でも福岡県会の副会長及び、福岡部会の部会長を拝命しております。

また、10月には発起人として責任者を務めています、「中小企業診断士登録養成課程」の第1期の卒業生11名を輩出することができました。中小企業診断士の養成機関は、九州では初めての開設であり、各都道府県中小企業診断士協会が運営母体となるのは、全国でも初めてでしたが、無事に一期生を送り出すことができ、福岡県協会が全国各都道府県中小企業診断士協会のロールモデルとなることができていると自負しております。
九州ではまだまだ中小企業診断士が不足している状態です。現在、登録養成課程の2期生として、12名の受講生がおります。これからも、実践的な経営アドバイスを行うことのできる中小企業診断士の育成にも努め、中小企業診断士の知名度と共に能力の向上に努めていこうと思っています。

更に、来年は、福岡県支部時代から含めますと、福岡県中小企業診断士協会が発足し、60周年の大きな節目となる年です。1年をかけて大々的に記念行事を行い、内外ともに中小企業診断士のPRを行ってきますので、よろしくお願いいたします。

我々、中小企業診断士は、経営の専門知識を活用し、行政・支援機関・金融機関等と連携して、中小企業への施策の適切な活用を支援するなど幅広い活動を行うことであり、国家資格者としての社会的使命を果たすという役割を担っています。
その責務を果たすべく、来年も更なる飛躍を目指してまいりたいと思っております。

来年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。 

 

[2018.11.22]

カテゴリー:事業承継

11月の中ごろに、体調を崩し40℃近い発熱で、3日ほど寝込みました。
周りからは『鬼の霍乱』と言われましたが、健康の大切さを改めて感じました。

今回は『事業承継の後継者』についてです。
と言いますのも、事業承継に関するセミナーを行いますと、大きく下記の3つに分かれます。
① 現経営者への事業承継への気づきを与えるもの
② 後継者の経営スキルを醸成するもの
③ 事業承継の支援をする士業を対象とするもの

そのなかでも、最近需要がおおいものが、②の後継者を対象にしたセミナーです。『経営のいろは』から、経営マインドや経営スキル等・・・。
本来であれば、先代から話を聞けばいいのではないかと思われるかもしれません。しかし、親子間というのは難しいもので、重要になればなるほど話せないのです。
私自身、1つの個人事務所、2つの法人を経営している経営者であり、経営コンサルタントです。ですので、この両方の視点からの話をさせていただいています。
先代が経営者の方々が行われていた時代は、経営が右肩上がりに伸びていくといういい時代があり、それは良くも悪くも成功体験として根付いています。また、先代の多くの方は、『カン』と『度胸』を持っていらっしゃいました。
しかし、これからの後継者の時代は、人手不足、複雑なコンプライアンス、情報社会と、経営はより高度になっており、実感のない好景気の状態です。
そこでお話しさせていただくのが、『計数の管理』です。経営計画を立て、蓋然性の高い目標を立てておく、月次決算を行い、目標よりプラスにぶれても、マイナスにぶれても原因を究明し、フレキシブルに対応ができるようにしておくことが重要です。
また、『右腕となる社員の育成』も重要となります。経営者はとても忙しく、社内全てのことが1人切り盛りできるわけではありません。経営者が経営に専念できるよう、一定のことを任せ、時には話し相手になるような右腕となる社員の育成が必要です。事業承継の際には、先代の代からいる管理職や役員の方には経営者と一緒に一旦退いてもらい、後継者による新たな体制を構築されることが良いと思われます。
そして、なにより重要なのは『健康』です。
『健康が全てではないが、健康を失うと全てを失う』という言葉を、冒頭の出来事で身に染みて感じました。
これから健康と体力維持のために、ますますゴルフに励もうと思います(笑)。

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。

 

[2018.10.20]

カテゴリー:M&A, 事業承継



6月のブログで、今年は大型の台風が多いかもしれないということを書いていましたが、本当に今年は台風が多かったですね。  25個の台風が発生し、15個の台風が日本に接近し、5つの台風が上陸しているそうです。

被害に合われた方には、心よりお見舞い申し上げます。
※接近とは、風の中心が国内のいずれかの気象官署等から300km以内に入った場合をいう

10月13日(土)に、私が代表を務めております「福岡事業承継・M&Aセンター」主催で、経営者・企業向けセミナーを行いました。

テーマは『手遅れにならない事業承継 入門編』ということで、センター所属のコンサルタントによる『知らなきゃ損する 事業承継事情知らなきゃ損する 事業承継の選択肢』という2本立てのセミナーでした。

事業承継は経営者にとって、一生に一度のこと、失敗できません。ただ、国の施策はわかりにくく、知らないと損するものや重要なポイントがたくさんあります。実務でも事業承継支援を行っているコンサルタントよる自らの支援事例を交えた話は、とても分かりやすく、大変好評でした。

今後とも、当センターでは、経営者や企業に向けたセミナーを行っていく予定です。

また、私自身、これから年末にかけて7本のセミナーが控えています。支援者向けであったり、経営者向けであったり、後継者向けであったりと、対象者は変わりますが、全て事業承継についてです。

事業を引き継ぐにあたっては約5年ほどの期間が必要と言われています。私が行うべきは、経営者に気づきを与えることだと思っています。このセミナーが、事業承継に着手していただくきっかけとなればと思っています。

 

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。

 



 

1 2 3 4 5 6 17

このページの先頭へ