ブログ

ホーム > ブログ

経営改善ブログ

[2020.5.9]

カテゴリー:日々の出来事

新型コロナウイルスの収束が見えず、福岡は特定警戒都道府県として緊急事態宣言の延長が行われました。

いつもはウキウキするゴールデンウイークだったのですが、“STAY HOME”、私も外出は控えておりました。

若い頃は“STAY!”は効かなかったのですが、今では得意です。

 

さて、コロナ禍が広がる中、企業の対応策としてテレワークが急速に普及しています。

在宅での業務、個人の携帯電話を利用した対応やテレビ会議システム、顔の見えない中での業務にどのように労務管理を行っていくか、など慣れぬ環境に戸惑いを隠せぬ企業も多いようです。

非常時の今だけのものになるのでしょうか、今後もこのようなテレワークが定着するのでしょうか。

 

日本は、ホワイトカラーの生産性が低いと言われています。

企業では、評価基準が『業務に要した時間』となっているところが未だ多くあり、それが生産性の向上を妨げているのではないかと思います。

今回のテレワークにより、業務の明確化、担当者の明確化、責任の所在、コミュニケーションの取り方など、様々な課題がうき上がってきたのではないでしょうか。

テレワークを機に、本来あるべき仕事の行い方を見直すことができるのではないかと思います。

苦しい状況ですが、考え方を変え、ピンチをチャンスに変えることで、アフターコロナを生きのこっていくことができると考えます。

 

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』というダーウィンの名言が身に沁みます。

この未曽有の事態にも、適応、対応できるような企業支援を行っていきます。

 

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。

このページの先頭へ