ブログ

ホーム > ブログ

経営改善ブログ

[2014.6.19]

カテゴリー:日々の出来事

今回は起業の際の手続きに関して簡単に記載します。

 

先日の日経新聞、読んでらっしゃる方は、もうご存知かと思いますが、簡単にまとめてみました。

政府は国家戦略特区における、起業の際に必要な官民の手続きを一元化する窓口を年内に新設する模様です。

登記や税務、年金などの行政手続きにかかる時間を1週間程度に半減して、ガス・電気・電話回線などのライフラインの申し込みも同じ場所でできるようにするとのこと。

窓口は英語にも対応し、海外からの企業誘致を後押しする環境を整える様です。

 

福岡市は全国6か所の国家戦略特区の指定地域で、創業のための雇用改革拠点となっています。

創業にかける時間や手間が簡易化されれば、今まで潜在的であった創業への意欲も表面化し、起業を促す突破口となることでしょう。ライバルであるアジア諸国との手続きの格差も縮むことは、大変、喜ばしいことです。

他国の在留条件の緩和を盛り込むなど、グローバル化も目的の様ですね。

これを機に、福岡の起業が益々活発に行われることを祈るばかりです。

それにしても、福岡市、最近はどこを歩いても、色々な国の方たちで溢れています。

英語圏の方たちばかりではないですが、語学力の強化は急がねばなりません。。。

このページの先頭へ