ブログ

ホーム > ブログ

経営改善ブログ

[2019.12.14]

カテゴリー:M&A, 日々の出来事

令和という新しい年号が5月からスタートしました今年も、残りわずかです。
本年最後のブログになります。

今回は私自身、「福岡事業承継・M&Aセンター」の代表を務めているということもあり、当センターの一年を振り返ってみたいと思います。

今年7月に、当センターが発足して丸2年となり、現在3年目を迎えています。

当センターでは主に、①事業承継支援事業②M&A支援事業③事業承継やM&Aの支援者を養成する講座を実施する事業と3本のメイン事業があります。

事業承継支援においては事業承継計画の策定及び実行支援から、後継者不在の経営者様に事業承継の出口戦略の一手としましてM&Aの提案を行っております。
当センターでは、M&Aの成約件数を増やすことが目的ではなく、経営者様のハッピーリタイアを第一に考えて支援を行っております。
また、M&A支援事業におきましても、M&Aの実行、クロージングで終わりではなく、昨今、重要とされていますPMI支援までをしっかり行うことができます。当センターには様々士業が在籍していることもあり、多方面の課題・問題に対応することができることが強みです。

このような実績が評価され、本年11月に筑後信用金庫様と事業承継・M&A支援等の連携協定調印式を行いました。(https://f-bsma.jp/information-9/



事業承継やM&Aの支援者の養成としては、一般資格である『事業承継・M&Aアドバイザー』と、上級資格である『事業承継・M&Aコンサルタント』という認定資格を作り、『事業承継・M&Aアドバイザー』は88名、『事業承継・M&Aコンサルタント』は8名を輩出しており、多くの方々に各方面でご活躍をしていただいております。

九州ではまだまだ事業承継やM&Aの支援者が不足している状態です。次回は、令和2年2月に事業承継・M&Aアドバイザー養成講座を開催します。(https://f-bsma.jp/certification/#b



これからも、実践的な支援を行うことのできる支援者の育成に努めていこうと思っています。

2017年、国は集中的に支援を実施していく「事業承継5ヶ年計画」を策定しました。2年経過しましたが、まだまだ、事業承継が進んでいるとは思えません。
まずは、現在の経営者や創業者に対し、事業承継の必要性と意義に気付いてもらうことが第一です。令和2年1月には「企業・経営者向けのセミナー」を行います。セミナーは無料で、当日は先着5組で無料相談も受け付けております。
https://f-bsma.jp/seminar/



当センターの活動が少しでも地域経済の活性化につながりますよう、 経営コンサルタントとして、その責務を果たすべく、来年も更なる飛躍を目指してまいりたいと思っております。

本年は、大変お世話になりました。
来年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています

このページの先頭へ