ブログ

ホーム > ブログ

経営改善ブログ

[2019.8.6]

カテゴリー:労務管理


梅雨が明けたと思えば、酷暑ですね。

8月に夏季休暇がある会社も多いと思います。今回はその休暇に絡めた働き方改革についてのブログです。

 

『働き方改革』、もう耳にタコと思われているかもしれません。

一億総活躍社会実現に向けた、労働環境を大きく見直す取り組みのことを指すことは、周知のとおりです。これは中小企業を含む全ての企業で対応が必要なもので、今年の4月から順次施行されています。

現状、働き方改革に未着手の企業では、今後、労使トラブルや人手不足に一層頭を悩ませることになるかもしれません。

 

2019年版「中小企業白書」の「企業規模別労働者1人平均年次有給休暇の取得日数の推移」によりますと、年次有給休暇の平均取得日数は、従業者規模 1,000人以上の企業が足下でやや強含みで推移しているほか、999 人以下の企業については取得日数が少ないまま横ばいで推移していつというデータが出ています。これは、規模の小さい企業ほど有休取得が進んでいないということです。

 

さて、4月からスタートしました『年休5日の時季指定義務化』は進んでいますでしょうか。

年次有給休暇取得率の高い余裕の会社さんと大慌ての会社さん、そんな制度全く知らないよ~という会社さんとがいらっしゃるようです。

 

年次有給休暇には、社員に時季指定権があります。

夏季休暇のように計画的に取得させるのであれば、会社としても対応がしやすいですが、社員に時季指定権があるということは、社員が「自由に取得できる」ということですので、会社からすると、「いつ休まれるか分からない」ということになりえます。

 

多くの中小企業は、多能工で、役割分担が明確ではありません。そうすると、誰かが明日休むと困ってしまうということが起きます。

このような状況では、中小企業の経営者が、本音では年次有給休暇を取ってほしくないと思われるのもわかる気がします。

 

しかし、『年休5日の時季指定義務化』はすでにスタートしています。

今回の改正での年休取得について、不安がある経営者の方は是非ご相談ください。

経営者も社員もハッピーになる解決策をご提案させていただきます。

 

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。

 

[2019.7.12]

カテゴリー:人材育成, 経営


今年は梅雨入りが遅く、南九州では、1か月の2倍の雨が数日間で降ったなどといったニュースが流れていますが、私が住む福岡では今日現在、梅雨らしい雨があまり降っていないように感じます。

以前、鹿児島県に住んでいたことがあるため、被害にあわれた地域に、早急な復興が叶うよう願うばかりです。

 

5月より、ある企業様のご依頼で、経営層及び経理部門向けに『財務・管理会計研修』を行っています。皆様、経営に携わられている方や経理担当者というだけあり、決算書については馴染みが深く、良く読み解かれています。

 

今回は、そこから一歩進んだ管理会計について研修を行っています。管理会計とは、経営者が会社のかじ取りを行う上で使用するもので、時代の流れに即し、日々の経営の意思決定に使用できるため、とても重要なものです。管理会計と一口に言いましても、多くの分析手法や指標等があり、会社によって、必要な指標は異なってきます。実務に即した事例に沿って、グループワークを中心に行うため、様々な意見が出て闊達な研修になっており、従業員の方々からも好評という声を聞いています。

 

昨今、時代の流れは速く、経営者にとって、先の見えない厳しい経営環境におかれています。

そのような経営者の参謀としての経理部門を強化するという目的です。

「現状維持では、後退するばかりである」というウォルト・ディズニーの言葉にもあるように、中小企業は、フットワークの軽さを生かし、時代に即したフレキシブルな経営を行っていかなくては、生き残りが厳しいと思います。

ここでは、経営層や経理部門の方々を集めての集合研修という形を取らせていただいていますが、経営者の方にマンツーマンで決算書の読み方から財務・管理会計についてレクチャーもしております。

 

数字は嘘をつきません。数字を社内の共通言語にしていただくために、会社に併せた財務・管理会計のオーダーメイド研修も承っております。

 

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。

 

[2019.6.12]

カテゴリー:M&A, 事業承継


今回も先月のブログから引き続きまして、『第1回 事業承継・M&Aコンサルタント養成講座』のお話になります。
2019年6月1日、全5日間のカリキュラムが修了し、第1号の事業承継・M&Aコンサルタントが誕生しました。

受講生の皆様は5日間、遅刻早退、欠席なくすべての講座に出席いただき、誠にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

本講座では、様々な士業が混じったグループを構成し、そのグループで事例に基づいたワークを行いながら理解を深めていくもので、事業承継やスモールM&A業務を疑似体験できるものとなっております。

5日間終日という過酷な講座だったのですが、グループワークを中心とした内容ですので、『一方的な座学ではなく、より理解が深まった』、『時間があっという間に過ぎた』という声も聞かれ、大変満足度の高いものとなりました。

今後のスケジュールとしましては、2019年11月、2020年2月にアドバイザー養成講座を行い、2020年5月頃にコンサルタント養成講座を予定しています。

九州ではまだ、事業承継やM&Aの支援者が足りていない現状があるため、アドバイザーやコンサルタントなど、事業承継・M&Aの支援者の養成に力を入れています。
しかし、やみくもの支援者を増やすのではなく、後継者不足の事業承継からの出口戦略としてのM&A、成長戦略のためのM&A、雇用継続のためのM&A等と、経営方針の一つの方向性として、経営者にご提案できるようになることが重要だと思っています。

現経営者、新経営者、従業員を含むステークホルダー、ひいては支援者の「四方良し」となりますよう、
部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています

[2019.5.21]

カテゴリー:M&A, 事業承継


気候の良い日が続いています。
各士業、年度末の繁忙期もすぎ、税理士等の先生方も年度末決算がひと段落したであろうこの時期を見計らい、5月18日より、『第1回 事業承継・M&Aコンサルタント養成講座』を開講しました。
5日間のカリキュラムのうち、現在、1日目2日目が終了しました。

今回の講座は、事業承継・M&Aアドバイザーの上級資格としての講座のため、対象者は、事業承継・M&Aアドバイザー講座を受講していただいた方を対象にしております。

事業承継M&Aという両専門のコンサルタントとしての役割や業務を体系的に学べるだけではなく、様々な事例を通して、事例に基づいたワークを行いながら進めていくもので、事業承継やスモールM&A業務を体感し、実務を担う専門家を養成する講座内容となっています。
事例につきましても、当センターのコンサルタントが行ってきた生に近い事例に基づき進められていく講座なので、事業承継やM&Aコンサルタントとしての疑似体験ができ、ここでしか聞くことのできない内容も盛りだくさんです。
5日間終日の長丁場なのですが、様々な士業が混じったグループ構成にしており、グループワークを中心とした内容ですので、大変満足度の高いものとなっています。

今後のスケジュールとしましては、2019年11月、2020年2月にアドバイザー養成講座を行い、2020年5月頃にコンサルタント養成講座を予定しています。

事業承継・M&Aの体系を学ぶアドバイザー養成講座、更に一歩進んだ事例を体感できるコンサルタント養成講座となっています。
九州ではまだ、事業承継やM&Aの支援者が足りていません。ご興味のある方は、この機会に、是非ご検討ください。

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。

 

 

 

 

 

 

[2019.4.25]

カテゴリー:M&A, 士業間連携, 日々の出来事


新元号も発表され、平成最後のブログとなりました。

昭和、平成、とあっという間に駆け抜け、間もなく『令和』の幕開けです。

令和でも、ギラギラとした昭和感を出しつつ、更に頑張っていく所存です。

さて、4月18日に「福岡事業承継・M&Aセンター」が、「事業承継・M&Aアドバイザー養成講座」を受講していただいた方々向けの懇親会を開催しました。

中小企業の支援を行う際、特にM&Aの支援際には、様々な視点からの支援が必要で、多岐にわたる知識が必要とされることが多々あります。また、どんなに小さな案件でも、問題が次々に出てきて、ダブルライセンスを持った士業の方でさえ、一人ですべて対応することは困難です。

第1期、第2期のアドバイザー養成講座の受講者は、弁護士、公認会計士など、様々な士業、専門家の方に受講いただいたので、この場で親睦を図っていただき、相互の業務の発展に寄与できればと思い、今回の懇親会を開催しました。

受講生一人ひとり、スピーチをしていただき、終始和やかな雰囲気で終わることができました。
日頃、どのような業務を専門的に行われているのかを話されるきっかけにもなり、情報交換の場として大いに活用していただいたのではないかと思っています。
また、受講後、M&Aに携わることができました、M&Aに関する質問にも答えられるようになりました等、うれしい声も出ていました。

5月・6月にはアドバイザー養成講座の上級コースである「事業承継・M&Aコンサルタント養成講座」も控えています。
事例に基づくグループワークがメインのカリキュラムで、グループを様々な専門家で構成しますので、実際の事業承継やM&Aの疑似体験ができる内容になっています。

実際のM&Aの話が来た時に、どのような点がポイントになるの?私の業務範囲は?これは誰に降ればいいのか?等、体験していただくことで、今後の実務に大いに役に立つ内容になっています。

M&Aに限らず、中小企業の支援を行っていく上で、専門家同士、垣根を越えた連携を図ることができれば、クライアントに対して最善の支援ができるのではないかと思っています。
やはり、『餅は餅屋』ということです。

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 17

このページの先頭へ