ブログ

ホーム > ブログ

経営改善ブログ

[2018.10.20]

カテゴリー:M&A, 事業承継



6月のブログで、今年は大型の台風が多いかもしれないということを書いていましたが、本当に今年は台風が多かったですね。  25個の台風が発生し、15個の台風が日本に接近し、5つの台風が上陸しているそうです。

被害に合われた方には、心よりお見舞い申し上げます。
※接近とは、風の中心が国内のいずれかの気象官署等から300km以内に入った場合をいう

10月13日(土)に、私が代表を務めております「福岡事業承継・M&Aセンター」主催で、経営者・企業向けセミナーを行いました。

テーマは『手遅れにならない事業承継 入門編』ということで、センター所属のコンサルタントによる『知らなきゃ損する 事業承継事情知らなきゃ損する 事業承継の選択肢』という2本立てのセミナーでした。

事業承継は経営者にとって、一生に一度のこと、失敗できません。ただ、国の施策はわかりにくく、知らないと損するものや重要なポイントがたくさんあります。実務でも事業承継支援を行っているコンサルタントよる自らの支援事例を交えた話は、とても分かりやすく、大変好評でした。

今後とも、当センターでは、経営者や企業に向けたセミナーを行っていく予定です。

また、私自身、これから年末にかけて7本のセミナーが控えています。支援者向けであったり、経営者向けであったり、後継者向けであったりと、対象者は変わりますが、全て事業承継についてです。

事業を引き継ぐにあたっては約5年ほどの期間が必要と言われています。私が行うべきは、経営者に気づきを与えることだと思っています。このセミナーが、事業承継に着手していただくきっかけとなればと思っています。

 

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。

 



 

[2018.9.12]

カテゴリー:M&A, セミナー, 事業承継



9月8日(土)、9日(日)の二日間にかけて開催されました、第1回『事業承継・M&Aアドバイザー養成講座』が、無事に終了いたしました。

起案して2年、弁護士、公認会計士、弁理士、司法書士、中小企業診断士、社会保険労務士といった各分野の専門家を集結し講師として据え、地元の九州で、これから求められるであろう事業承継やスモールM&A業務の専門家を養成する講座でした。皆様の関心が高く、募集開始とともにすぐに定員に達しました。

 

この講座では、事業承継とM&Aという両専門のアドバイザーとしての役割や業務を体系的に学べる講座で、事業承継支援の実務や昨今注目されているM&Aのアドバイザリーとしての立場、又、各分野の専門家によるデューデリジェンスの概要・ポイントを学ぶことができます。

私たちが多くのことをお伝えしたい、実務にすぐに役に立つ内容にしたいとの思いから、過密スケジュールならざるを得なかったこと、お詫び申し上げます。

 

受講後のアンケートでは、上級資格である『事業承継・M&Aコンサルタント』養成講座を受講したいとの声も多くいただき、皆様にはご満足いただけたものと自負しております。

 

今回、定員のため、受講をお断りせざるを得なかった方々にはこの場を借りてお詫び申し上げます。

次回は1月26日、27日に実施いたしますので、是非お申込みいただければと思います。

 

ここで学んでいただいたことを、実務に生かしていただき、多くの中小企業の未来が明るいものになりますことを祈念しております。

 

安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。

 

豪雨や台風、また地震など、各地で未曾有の自然災害が発生しているとのニュース報道で、沢山の尊い命が失われ、多くの方々の住宅が損傷し、また多くの企業が多大なダメージを受けているようことに心痛めております。

最後にはなりますが、どうかお心を強くお持ちいただき、一日も早い復旧と、皆様が日常の生活に戻れるよう、お祈りしております。

 

[2018.1.13]

カテゴリー:M&A, 事業承継, 日々の出来事

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



平成30年という新しい年を迎えまして、今回は、本年の所信表明という形でのブログにしたいと思います。

昨年始動いたしました「福岡事業承継・M&Aセンター」が、昨年末に福岡県事業引継ぎセンターの「登録民間支援機関」としての認定を受けることができました。

それにより、福岡県事業引継ぎセンターからの依頼を受け、利用者と包括的な契約を結び、マッチングから最終契約締結まで一貫した取り組みを行っていくことができるようになりました。

7月に発足し、中小企業診断士をはじめ、弁護士、公認会計士等、現在14名の士たちが名を連ねており、M&Aによる円滑な事業承継のワンストップのバックアップ体制を整えております。

私共が行うM&Aは、売手、買手、働く従業員にもメリットを享受するものとなっております。

事務所の経営理念は『ONE FOR ALL   ALL FOR ONE』です。

今年は戌年ということもあり、当事務所にとってもゴロのいい年であると思います。

『一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために』ということで、本年も、中小企業の経営者や従業員の方々と一緒に考え、行動し、汗をかく中小企業の経営コンサルタントとして経営革新や総合支援を通じ、共存共栄できるよきパートナーを目指していく所存です。



安部中小企業診断士事務所は、“100年続く企業”を応援しています。

[2017.7.22]

カテゴリー:M&A, 事業承継

今年は梅雨入りが遅く、梅雨が明けるもの遅かった様ですね 。

やっと夏が始まる感じがします。

しかし、湿度の高い日本の夏は苦手です。夏は断然ハワイです☆

 

さて、いよいよ、私が発起人となりました福岡県中小企業診断士協会公認研究会
「福岡事業承継・M&Aセンター」が始動いたします。

福岡事業承継・M&Aセンターは、事業承継・M&Aによる中小企業の活性化、地域経済への貢献、また、福岡におけるアドバイザーの資格認定機関になるべく、創設いたしました。

3月のブログでも書いておりますが、中小企業のM&Aが増加しております。

と言いますのも、後継者不在の割合は66%と後継者不足の事業承継問題は年々深刻化しており、その有効な解決策の一つとして「M&A」が行われているためです。

一事期の“ハゲタカファンド”や“身売り”といったマイナスイメージが強い時期もありましたが、現在は事業承継における、ひとつの手法として考えられています。

そして、何より、私共が行うM&Aは、売手、買手、働く従業員にもメリットを享受するものとなっております。

また、弁護士、公認会計士、税理士、中小企業診断士、社会保険労務士などアライアンスを組む各士業や金融機関により、M&Aによる円滑な事業承継のバックアップ体制を整えており、多くの事業承継に悩む中小企業を救うことに尽力する所存です。

 

・後継者は決まっていらっしゃいますか?

・後継者の方と意思疎通はできていますか?

・経営について相談できる人はいますか?

・不採算部門や粗利の低い商品はありませんか?

一つでも、心当たりがあれば、お気軽にご相談ください。

 

安部中小企業診断士事務所は“100年続く企業”を応援しています。

 

[2017.3.9]

カテゴリー:事業承継, 経営コンサルタント

暦の上では春です。

デリケートな私にしてみれば、隣国からの大気汚染物質に加わり、花粉が増え始めてとても悩ましい時期でもあります。

しかし、3月というと年度の終了、卒業などといった新しい何かの始まりの時期のような気がします。

今月いっぱいで、日産自動車のカルロス・ゴーン会長兼社長が社長の座を退きますね。

ご勇退になるのでしょうか?でも会長の座は譲らないみたいですね。(笑)

 

東京商工リサーチの「2016年の全国社長の年齢評価」によりますと、平均年齢は、前年より0.3歳上昇し61.19歳に達したとのデータでていました。

データの上ではもちろんのこと、私の肌感覚でも、経営者の高齢化も進んでいて、事業承継を考えていらっしゃる企業が多くなったなぁと感じます。

また、事業承継は考えてはいるけど進んでいない会社が非常に多くあります。理由を聞いてみると、「後継者がいない」、「子供はいるけど継いでくれない」、「いや、わしの目の黒いうちは!!」など・・・。

事業承継が進んでいない会社において、一昔前のように「長男に譲る」という時代も終わってきたのかなと感じます。

「私は、まだ大丈夫」と思われていたり、「継ぐ人がいないから、現状の経営もあまりうまくいっていないし、傾きだしたら考えよう」と思われている経営者がとても多いのが現状です。

 

では、いつですか?

(少し古いですが)「今でしょ!!」なのです。

 

もし、御社に適切な後継者がいらっしゃらないのであれば、M&Aも一つの選択肢です。

M&Aというと、うちのような中小企業には関係ないといわれる経営者の方も多くいらっしゃいますが、

もはや以前のような「身売り」や「乗っ取り」という感覚はなくなり、円滑な事業承継の選択肢の一つとなりつつあります。

その場合、「もうちょっと頑張って」「傾きだしたら」というのでは遅いです。

いままで大切に育ててきたきた会社ですので、売る経営者にしてみたら、わが子をお嫁に出すような気持ちです。

従業員を引き継いでもらったり、自社の商品を引き継いでもらうなど、引き継ぎ会社との調整をしっかりおこなうことが大切です。

出来ることなら、いい“価値”で、譲渡するのがM&Aの“勝”組でとなります。

 

安部中小企業診断士事務所は“100年続く企業”を応援しています。

このページの先頭へ